多くの方にお越しいただきました!
0
     
    会場に戻ると、会場には皆さんのパワーが!

    皆さんにゆっkり見ていただきたかったので、会場の中は常に15名定員。
    お待ちいただく列はかなり続いたそうです。200人くらいの方がいらっしゃったそうです。







    こちらの会場でも、スコップ三味線を弾いていただきました!

    お昼頃になり少し落ち着いたので、5月3日から営業再開した
    ご近所の吉野家の牛丼をテイクアウトして、手が空いた人からお昼ご飯。

    午後の出張チームは、女川方面の避難所へ。
    posted by: お気持ちお届けしまーすプロジェクト | お届け会 終了レポート | 17:27 | - | - | - | - |
    第二回石巻お届け会 始まりました編
    0
       
      国道45号線を通って、松島を通る。松島は元気を取り戻している!
      まだ朝早いから人は少ないけど、パワーを感じながら
      石巻へ。

      少し早目に着いたので、全員で日和山公園へ。見下ろす景色に胸が詰まる。
      震災の爪痕を目の当たりにする景色・・・。目の前には、桜の木。
      心が痛い・・・。できることはずっとやり続けようと本当に思う。

      会場へ着くと、もう10人くらい並んでいた。
      まだ1時間前なのに・・・。テレビの力と、ペガサス薬局の皆さん、木村ご夫妻の
      口コミの力です。お待ちいただくのは心苦しいので
      急いで、開店準備。

      今日は、女優さんの先輩、杉村理加さんも参加です。

      助っ人がたくさん来てくださったので、今回は3班に分かれます。

      午前中は、会場チームと、石巻市民図書館の避難所への出張チーム。
      私は出張チームだったので、
      お持ちするプレゼント物資をまずは、箱に詰める。

      それから、4人で出発。

      自衛隊風呂の横を通り図書館内へ。
      出張お届け隊のアポを取ってくださったのは
      スコップ三味線の瀬戸さんです。

      避難所の皆様のお部屋のそばの踊り場にプレゼント物資を
      並べました。すぐに多くの皆さんがいらしてくださいました。
      ダウン、毛布、スキーズボンから、半袖、タンクトップまで
      お洋服はあったのですが、

      まんべんなくどの種類も持って行っていただきました。
      朝晩はまだ寒いので防寒が必要な方も・・

      図書館外では、おおくの方が待っていてくださって
      そちらでもお届け会。

      お子様から、おばあちゃままでたくさんの方でした。
      この時間は女性のお風呂タイムだったので、
      みなさんポカポカ気持ちがよさそうでした。


      そこで、瀬戸さんから皆さんへスコップ三味線のミニライヴの
      プレゼント!!
      私もノリノリで、掛け声をーーー!!

      自衛隊の方たちも、楽しそうでしたー!

      会場のかまちゃんから電話・・
      「たくさんいらしていただいて、もう、なくなりそうですー」








      posted by: お気持ちお届けしまーすプロジェクト | お届け会 終了レポート | 16:54 | - | - | - | - |
      5月4日 第二回石巻お届け会 レポート準備編
      0
         仙台はお天気のいいGWでした。

        5月3日、4日と石巻へ

        3日の準備から、東京からチーム丸の内の皆さん総勢12名が
        たくさんのプレゼント物資と、手作りのお菓子とたくさんのお花と
        そして、東北のみなさんへの熱いを思いとともにやってきてくれました

        このプロジェクトを立ち上げる時に一番最初に相談をした
        ナオチャンの呼びかけて、前回のお届け会の時も
        そして今回も力強いサポートをしてくださっています。
        本当にありがとうございます。そしてご苦労様でした。

        今回の会場はバイパス沿いのペガサス薬局さん。
        かなりの高さまで水が上がってしまったそうですが、
        店内はそれを全く感じさせないほど、元通りに。
        でも、商品がまだ入ってきていないということで
        お店のかなりのスペースを私たちに使わせてくださいました。

        ペガサス薬局の関係者の皆様本当にありがとうございました。

        今回届いた皆様からのプレゼント物資は36箱

        チーム仙台は、朝6時に仙台出発して、渋滞なく9時集合の予定が
        1時間も早く着きました!
        今日のメンバーは、
        かまちゃん、まきちゃん、私、そして、石巻の木村さんご夫妻とお嬢ちゃん

        チーム丸の内の皆さんは、9時半に仙台駅に着き、レンタカーを借りてそのまま
        石巻へ。こちらも渋滞がなく、1時前には到着。


        ペガサス薬局さんの商品棚をすべてお借りしてのディスプレイ。

        並べておいておけるので選ぶ方も気持ちがいいと思います!


        あっという間に、準備完了。

        ミヤギテレビのOHバンデスで告知をしていただけるとのこと、
        とってもありがたいです!!!
        私は番組は見れなかったのですが、
        母曰く、とってもきちんと紹介してくれていた・・とのこと。ありがとうございました!

        皆さんからのプレゼント物資にはたくさんのメッセージが
        ちゃんとその思いもお届けしてきましたー










        posted by: お気持ちお届けしまーすプロジェクト | お届け会 終了レポート | 16:30 | - | - | - | - |
        なんと、OH!バンデスですの取材クルーがー!
        0
           
          宮城県で、夕方多くの方が見ている情報番組
          さとう宗幸さん司会ミヤギテレビの「OH!バンデス」の
          レポーター永峯良さんとテレビカメラが会場にぃーー

          今の石巻を伝える取材で商店街を歩いていたそうです。

          「女性たちが集まって、笑い声が聞こえて楽しそうな
          雰囲気ですねー!」

          市役所広場でプレゼント物資をお配りして、一度会場に戻ったら
          永峯さんがいらっしゃって・・・、Jちゃんはインタビュー受けてて
          びっくりの状況でした。
          ほぼ、すっぴんだったのですが、貝山幸子インタビューに
          おこたえすることになりまして、かなり、素の状態でテレビにぃーー

          でも、本当にきちんと伝えてくださって、
          ありがたかったです。
          放送を見た方からも協力したいとメールを何通もいただきました。

          私は、青葉城恋唄をフランス語でカバーさせていただいてます。
          どの会場でもコンサートでは必ず歌わせていただいているので
          私が仙台出身だということを皆さん覚えてくださいます。

          「お気持ちお届けしますプロジェクト」は青葉城恋唄を通じて
          私を覚えていてくださる方もたくさん協力してくださいます。

          コメントでも、さとうさんは、私がフランス語の青葉城恋唄を
          歌っている事も話してくださって、
          スタジオの皆さんが、このプロジェクトのコンセプトに
          共感してくださいました。

          本当にうれしい限りです!








          posted by: お気持ちお届けしまーすプロジェクト | お届け会 終了レポート | 10:26 | - | - | - | - |
          続き・・・です
          0

             

             会場へお越しいただいて、プレゼント物資を選んでいただいた方には
            アンケートをお願いしました。

            お越しいただいた方は、約40名
            アンケートもほぼ皆さんが書いてくださいました。

            この日、石巻中央に送っていただいたプレゼント物資は
            会場と、市役所前広場にて、ほとんど必要な方に
            お届けすることができました。

            いろいろな方とお話をして、これから必要な物を
            伺いました。また、次回の受付のご協力をお願いしますので
            よろしくお願いいたします。

            仙台から一緒に行ってくださる方、
            大きな車を出してくださる方がいらっしゃれば
            もっといろいろなところを回ることができると思いました。

            *なにせ、私貝山は、免許を持っていないもので・・・

            仙台のへプレゼント物資を送っていただいて、
            仕分けしている状態で、運べれば場所をお借りするのも1日ですみます
            今後の課題です

             

            posted by: お気持ちお届けしまーすプロジェクト | お届け会 終了レポート | 09:47 | - | - | - | - |
            お届け会 当日編
            0
               
              無事に朝9時過ぎに到着。

              石巻の木村ご夫妻は先に到着して準備をしていてくださった。

              さあ、OPENです。

              お気持ちをお届けした方にはできる限りアンケートのご協力を
              お願いしました。皆さん快く書いてくださいました。

              第一回目のお届け会の告知は口コミ。
              木村夫妻が震災の為にご不自由なさっている方へお声をかけてくださったり
              当日通りかかった方が中心でした。

              OPENして1時間ほどしてから、私は周辺リサーチへ。
              アーケード街をずっと歩いて市役所へ向かう。

              歩道はがれきや、使えなくなった物が山積みです。
              本当に大変な思いを皆さんがされている事を痛感しました

              石巻の広い範囲で、浸水が起こりました

              あの強い地震のあとの浸水
              全てが床におちている状態で50センチ水が来ただけでも
              全てが使い物になりません。
              水はただの海水ではなく、いろいろなものを飲み込んできているので
              汚れた海水です。

              入り込んだヘドロを掻きだすだけでも大変な作業です。

              七十七銀行がありました。
              そこには駐車場にテントを張って多くの人が
              銀行の待ち時間が、なんと4時間以上。
              中に入りきらない方が駐車場で待っているのです

              でも、みなさん静かに、誰一人声をあげている人がいません。
              穏やかで隣り合っている方とお話をしたり・・・

              その先の市役所の方へ向かいました。

              市役所の入り口では、被災証明書の予約券発行が
              一日800人までと貼り紙がありました。

              市役所の入り口の前に、たくさん人が集まっている場所がありました。
              テーブルを出して、お洋服を渡している方がいたのです。

              「すみません、私たちも皆さんにお渡ししたいものがあるので
              ここに持ってきてもいいですか・・・?」

              その方は向かいのビルの方で、今日3時〜ビルを解体するためにクレーン車
              が入るそうです。それまでの時間なら自由に使ってください。
              テーブルも、うちのもので、消毒もすんでいるから、お洋服を並べても大丈夫ですよ。との
              事。
              その方は、お友達やご親戚の方からお洋服が届いたそうなのですが
              自分では使いきれないので、解体工事で無駄にしてしまうよりは
              使いたい方にお分けしたいから、思い切ってテーブルに出してみたそうです。

              その方いわく、地震直後は、ジャージや、ウィンドブレーカーみたいなものが
              必要で、つい、2週間前にNPOの人が物資を届けにきたけど
              食品はなくなっても、洋服は誰も持っていかなかったから
              ダメもとで、並べてみたそうです。

              あっという間に多くの人が集まって、あっという間になくなりました。

              「その時で、必要な物が変わってくるのよね・・・。」とその方がおっしゃっていました。

              「あと、20分待ってくれれば、カバンやお洋服とか、全国から
              皆さんの為に届いたプレゼント物資持ってくるから、待っててくださいねー」

              そこで、何人かのオバ様たちとお話して
              「お姉さん来るの待ってるから・・。親戚みんなうち流されちゃって
              何にもなくなっちゃったから・・」
              「大丈夫?20分待ってくれますか?」
              「待ってるよー。時間たくさんあるから、ここにいるから・・・」
              「じゃ、急いでいきますねー」
              「危ないから、ゆっくりいきなさい。転んだら大変だから・・・」

              一度戻り、カバン、靴、お洋服、そのほか小物を
              オバ様たち用にセレクトして3箱つめて向かいました。

              「あー、お姉ちゃん、本当に来たんだねー」
              オバ様たちが待っていてくれました。

              あっという間に、たくさんの方が集まってくださって
              10分もたたないうちに皆さんの手元に。

              「きれいなもの、見るだけでうれしいねー。」

              皆さんからいろいろとお話して、どんなものが必要なのかを
              聞きました。避難所生活をされている方は、厚手もの、暖かいもの。
              そのほかの方は、春物を好まれました。

              結局、その場所を4回往復しました。

              お届け会の会場チーム
              そして、こちらから街に出ていくチームが今後必要に
              なることを実感しました!


              posted by: お気持ちお届けしまーすプロジェクト | お届け会 終了レポート | 15:29 | - | - | - | - |
              お届けしまーす in 石巻 レポート 準備編
              0


                4月26,27日 天気晴れ

                会場・カフェハックさま

                会場をお貸しくださった、カフェハックさま
                石巻スタッフ 木村ご夫妻&娘さん(小5)
                仙台スタッフ 私+3名

                総勢7名で準備とお届け会を行いました。

                お陰さまで皆様からのプレゼント物資は26日午前中に
                一斉に届きました。
                クロネコさん、ゆうぱっくさん 

                佐川さんはまだ営業所止めになっているので、
                次回もクロネコさん、ゆうぱっくさんをお使いください。

                ちゃんと届きました!

                朝、9時到着を目指すには、約2時間半を考えた方がいいです。(仙台、イズミから)
                高速は渋滞です。下の道を通った方がいいとのことで、45号線を往復
                使いました。

                1日目 26日は、物資の仕分けとレイアウト

                皆さんからのプレゼント物資は、きれいで可愛くて、たのしいもの
                ばかりでした。作業をしていて私たちもテンションがあがりました。

                ただ、石巻に送っていただいた、約30箱でも、全員総出で仕分けと
                レイアウトは、大変な作業でした。
                1度のお届け会ではこの人数では30箱が限界です。

                仙台からのスタッフをもう少し増やした方がいいな・・・と痛感。

                皆さんからのプレゼント物資は、本当にプレゼントのように梱包してくださる方も。
                こんなに可愛い物も

                仙台スタッフのみんなの目にも涙が・・・

                メッセージは、皆さんに読んでいただけるように
                ボードにはりました。

                メッセージボード

                たくさん持って行っていただきたい気持なのですが、
                多くの方にお気持ちが届くように、点数を制限させていただいた
                ものもありました。

                kesyohin


                ハンガーを持ち込み、ショッピングの気分で楽しくなって
                いただけるように、レイアウト

                reiauto


                ふうーーー

                なんとか、準備完了でーす!!

                準備中も、のぞいていく方がいらっしゃいました。

                場所は石巻駅前のアーケード街で、アーケードが切れてすぐです。
                浸水の被害で、お店はほとんど開いていません

                水、泥、そのほか、濡れてダメになったもののかたづけだけでも
                大変です。地震と水の力で壊れてしまっているお店もあります

                店内をきれいにかたづけてくださって、消毒を2度してくださったそうです

                カフェハックさん本当にお手数をおかけいたしました。

                ブランドをおろして、あいている窓には、目隠しのボール紙をはって
                2時に作業終了。

                このあたりは、まだ電気が通っていなくて、とおっていても
                漏電で使えないところもあるそうです。
                信号もついていないところもあるので、日が暮れると
                真っ暗で歩くのも大変になってしまうとのことでした。

                でも、昼間は、人通りも多く、アーケードの方も
                お店をあけているところや、片づけをしているところ、
                解体しているところ・・

                近くにはあいプラザというトレーニングジム・カルチャーセンターがあります。
                そこは、ピースボートの拠点になっていて
                多くの方が出入りをしています。

                お手洗いは、そこの仮設トイレをお借りしました。






                posted by: お気持ちお届けしまーすプロジェクト | お届け会 終了レポート | 14:07 | - | - | - | - |
                ありがとうございました
                0
                   
                  26,27日 石巻に行ってきました

                  会場をご提供くださった、カフェハックさま
                  そして、サポートをしてくださった、石巻の木村ご夫妻
                  そして、仙台のスタッフの皆さん

                  そして、プレゼント物資をご提供いただいた全国の皆さん

                  ありがとうございました。

                  続けていく必要があること、そして、被災に遭われた方でも
                  いろいろな段階に進んでいらっしゃることを痛感しました。

                  次回石巻で、第2回 お届けプロジェクト開催します。
                  受付 5月3日にて、プレゼント物資を受け付けます。
                  よろしくお願いいたします。

                  気仙沼、石巻と現段階で、皆様からのプレゼント物資は
                  50箱以上になります。

                  直接、個人のお宅に送っていただくものもあれば、
                  先日の石巻のように、お届け会めがけて送っていただくものもあります。

                  本当に、愛情のこもった、きれいなもの。そして、メッセージを
                  つけてくださる方もいらっしゃって、お届けした皆さんも
                  本当に喜んでくださっております。

                  必要なものがどんどん変わってきます。
                  長期的な目線で、できる限り、続けていこうと強く決心しました。

                  貝山幸子





                  posted by: お気持ちお届けしまーすプロジェクト | お届け会 終了レポート | 12:51 | - | - | - | - |